ブログ

ミュージカル「レ・ミゼラブル」を観てきました

昨日、ミュージカル「レ・ミゼラブル」を観てきました。

ソロのパートはモチロンのこと、集合で歌う場面もそれぞれに最高の舞台でした。

 

私が観たキャストは

バルジャン:吉原光夫
ジャベール:岸 祐二
ファンテーヌ:知念里奈
エポニーヌ:唯月ふうか
マリウス:内藤大希
コゼット:清水彩花
テナルディエ:KENTARO
マダム・テナルディエ:鈴木ほのか
アンジョルラス:上山竜治
司教:中西勝之
でした。

バルジャンの吉原光夫さんは、
背も高く、声量もあり、映画のヒュージャックマンに近い、ジャンバルジャンでした。

 

フォンテーヌ役は、元々エボニーヌ役をやっていた知念里奈さん。
歌も上手ですし、テレビでも見かける女優さんなので、華がありますよね。

マダム・テナルディエ役は、コゼット・フォンテーヌに続き、マダム・テナルディエ役で出演の鈴木ほのかさん。
他の役柄が、悲しい・切ない・苦しい・自問自答を演じるのですが、マダム・テナルディエ役は明るさや、意地悪なとこ、人懐っこく元気に演じないといけないので、その辺りは、とても元気いっぱいに素晴らしい、鈴木ほのかさんでした。

本当は、森公美子のマダム・テナルディエが一度は観たかったのですが、今回も抽選に外れてしまって・・・。もう、全日程予約分は売り切れの様ですね。

 

エポニーヌ役は、今回が初めての唯月ふうかさん。
切なく歌い上げるエポニーヌの「On My Own」良かったです。

ひとりぼっちの切ない片思いの歌です。

大好きな曲なんですが、歌詞が悲しすぎて切なくなりすぎるので・・・あまり歌わない様にしています。

 

子役たちも、大変可愛く、アンコールの時の無邪気な可愛らしさが良かったです。
この中から、山本耕史さんや高橋一生さん、加藤清史郎さんみたいな役者さんになれると良いですよね~

 

何と行っても一番の見どころは、「One Day More」ですね。
聞いていて、元気が出るし、ほぼ全員で歌い上げる
それぞれの人生をあと一日。明日こそって絡みながら歌いあげます。
後半の行進のステップも見所です。

今回の行進は、左右に踏んでいました。そして、フォーメンション。
フォーメーションは、ちょっと、はらはらドキドキしましたよ~。微妙にぶつかった感がしましたが・・・。日本体育大学の行進のフォーメーションみたいな感じでした。
ここは、もうちょっと、日体大生みたいに、ビシっと決めて欲しかったのですが・・歌いながらですものね。大変でしょうね。

次に観に行くミュージカルは、劇団四季の「ジーザス・クライスト・スーパースター」かな~?

まぁ、観に行かないかもですが・・・

映画も大作が続きますしね・・・。

 

レ・ミゼラブル [DVD]

新品価格
¥880から
(2017/10/10 14:42時点)

RELATED POST