映画のお話

映画『LOGAN/ローガン』 のお話。ちょいネタばれあり!

こんにちは

アリトルです。

映画「ローガン」を観てきました。
若干、ちょいネタバレありですので、自己責任でお読みくださいませ・・。

シーリーズ全部を映画館で観ています。

今回は、上の子供二人は、誘いましたが・・・行かないよって事で、三男と二人で観に行ってきました

最近は、三男しか、ついてこないですけどね。

さて、「ローガン」。

感想は、「あぁ~、チャールズ、うぅぅぅ~~ローガン」です。
今までのメンバーの一連の流れが終焉した感じです。

主人公のローガン・ウルヴァリンは、ご存じヒュー・ジャックマンです。「レ・ミゼラブル」で有名ですね。アカデミー賞の司会で素敵なダンスや歌も披露しています。

チャールズは、以前にも木っ端みじんになって亡くなってますけどね。
今回は、ちょっとボケが入って人間らしい感じです。

ローガンも、随分衰えてて、全体に哀れさ漂う内容でした。

ミュータントの大半が死滅した2029年の設定です。
今回、初めて「Xmen」シリーズを観られる方は、
X-MEN : アポカリプス (2016年)と
X-MEN : フューチャー&パスト (2014年)は、観ておきましょう~

出来たら、シリーズ最初のX-MEN (2000年)も、観て頂けたら、もっと良いですね。

今までのシリーズのおさらいは、またの機会にでも!